free throw

would you

ねえ モコモコで動きづらいくらいに厚着をしてさ

あの ここら辺りでそこそこ高いビルの屋上でさ

この 空から降りてきた今年一番のフワフワの雪をさ

いま 一緒に見にいかないかなって 思ってる
[PR]
# by marcial1219 | 2012-02-02 00:00

ミエナイ

ツライ時に ツライなんて言えない

クルシイ時に クルシイなんて言えない

サミシイ時に サミシイなんて言えない

そんなことクチにしても
ナニも変わらない

ツラサや クルシサや サミシサは消えてくれない



タノシイ時に タノシイって言われると

ホントニ?って思ってしまう 疑ってしまう


ショウジキな感情の在り処が
もうわからない

コトバなんて それくらいのモノ
だってミエナイんだもの

コトバは 文字じゃないから
[PR]
# by marcial1219 | 2011-11-16 00:00

無題

争う、とは
常に相手と。

戦う、とは
常に自分と。
[PR]
# by marcial1219 | 2011-09-12 00:00

hole

ねえ ボクはね
もうすっかり抜け殻でね
何日も 何週間も 何か月も
そんな感じでね

ねえ ボクはね
もうすっかりぽんこつでね
何を食べても 何を見ても 何を聞いても
そんな感じでね


ねえ ボクはさ
もうすっかり何もいらないってさ
潔くなったつもりでさ

でもそれは 潔いってことではなくてさ
見捨ててたんだ
ボクを取り巻くモノを
切り離してたんだ
ボクの中の善人を


穴の中に閉じ籠った自分を
自分で見て見ないふりをしていた


ボクしかボクを救えないのに
ボクはボクが救わなきゃいけないのに




キミしかキミを救えない
キミはキミが救わなきゃいけない

ボクもキミも
[PR]
# by marcial1219 | 2011-08-26 00:00

like you

君の利き手の袖がほつれている
そんな袖が好きだよ

君の利き耳の髪が耳にかかっている
そんな耳が好きだよ

少し照れながら自分の事を言う
そんな君が好きだよ
[PR]
# by marcial1219 | 2011-06-16 00:00

That accounts for it

既に有るものは

常に無いものになる
[PR]
# by marcial1219 | 2011-06-05 21:37 | 散文

There is a long story behind it

言葉の先に何があったのか

言葉の前に何があったのか

言葉の中に
どれだけのものがあるのか
[PR]
# by marcial1219 | 2011-06-05 21:30 | 散文

無題

振り回された と思うか、
自分の対応レベルはこの位か と思うかで、

その時の自分の糊しろがわかる。


瞬間的に憤ることはあるだろうが
一呼吸して冷静になれば 
執るべき行動がそこにあるのだと思う
[PR]
# by marcial1219 | 2011-03-15 00:00

looking for around

労せず手に入れたものに価値を感じるだろうか。
安穏と過ごしている私は平和の意味をわかっているだろうか。

湖に張った薄氷の上に立っているのかもしれない。
その氷が割れたとき、私はどれだけの力が出せるのだろうか。

私は誰かの支えになれるだろうか。
私は誰かに支えられるのだろうか。
それだけの何かが
私にあるだろうか。


私は何をわかっているのだろうか。
何を見ない振りでやり過ごしているのだろうか。

貴方のSOSを
私は知ることができるだろうか。
そのSOSに私は向えるだろうか。


手探りでも
無駄足になっても
その時に分かり合えなくても

見つけ出したい。
[PR]
# by marcial1219 | 2011-02-21 00:00 | 散文

talk to you

can't talk to me?

won't talk to me?

don't want to talk to me? 
[PR]
# by marcial1219 | 2011-02-10 00:00 | 散文

How to open the door

扉を開けるには

呪文を唱えるか
鍵を使うか
蹴破るか



実はノックをするだけで開くかもしれない
[PR]
# by marcial1219 | 2011-02-10 00:00

tell me

聞きたい言葉があるなら
その言葉を引き出す為に
先ず何をしなければならないかを
見つけなければならない
[PR]
# by marcial1219 | 2011-02-10 00:00

show me

君の笑顔が見たいよ

空を仰いで
目をつむって
口元がゆるむ

そんな
君の笑顔が
[PR]
# by marcial1219 | 2011-01-29 00:00

無題

日めくりカレンダーの様に
一日で破り捨てるつもりの
小さな言葉だとしても

だとしても
仮に
そうだとしても


誰かがそれを拾ったら
自分だけの言葉ではなくなる
[PR]
# by marcial1219 | 2010-11-24 00:00

どう?

言えないけど

できないけど


あなたを
思ってるよ


決まり事の中で
決められない価値を

誰もが
考えてる


誰もが何処かで
共有してる



これは
独りよがり?
[PR]
# by marcial1219 | 2010-11-20 00:01 | 散文

Please be there

ねえ
君の中に
少しでもボクがいたら
見ていて

ねえ
君の中に
少しでもボクがいたら
聞いていて


ねえ
ボクの影が
少しでも見えたら…
待っていて

行くから
君のそばに 行くから

ねえ
そこに いてね


そこに いて
[PR]
# by marcial1219 | 2010-11-20 00:00 | 散文

記憶

最後に抱き締めさせてくれなかったうつむいた姿が

突然の決意の表明に対する申し訳なさだと
分かるに十分な翳りが


ただただ

ただただ


無口にさせた
[PR]
# by marcial1219 | 2010-11-12 00:00

in the wind

風の強い夜は

君を想う

君を

想う


泣いていないよね?
[PR]
# by marcial1219 | 2010-11-01 23:36

6年目に オモウコト

雨があがったら 乾いて消えてしまう 

川の小さな支流のように

うっすらと残った 思念の後先を 

想像させる残留物
[PR]
# by marcial1219 | 2010-10-27 00:00

(仮

嘘は雄弁で
真実は寡黙
正義は詭弁で
時だけが流暢
[PR]
# by marcial1219 | 2010-10-18 00:00 | 散文

Untitled

同じような 景色

同じような 意見

同じような 状況

同じような 人たち


何度となく 繰り返されていく思考

しかし

"それ" は決して 同じではない
"それ" は 二度はない


サイクル に見えて 螺旋
スウィング に見えて 波形

時の概念が 存在する限り
[PR]
# by marcial1219 | 2010-10-12 00:00 | 散文

Just Be There

少ない言葉でもいい

すれ違うだけでもいい

目が合わなくてもいい

背中が見えるだけでもいい

影を追えるだけでもいい

近くにいなくてもいい


そこにいてくれれば いい

明日をみつめて
今日を過ごして

それだけで いいから
[PR]
# by marcial1219 | 2010-08-25 00:01 |

like that

水の入ったグラスの向こうを見ているような

光が屈折していて上手く前が見えないような

反射して大きく見える自分の瞳が

知らない誰かの冷たい視線のようで

自分で両肩を強く掴んで

かろうじて立っているような

そんな

そんなような

焦りのような

そんな

そんなような

孤独のような

そんな

そんなような


feel like that...
[PR]
# by marcial1219 | 2010-08-25 00:00 |

未定

例えば、遺伝子レベルで私を解析しても、私を理解したことにはならないんだよ
[PR]
# by marcial1219 | 2010-08-03 00:00

I am here

ここに いるよ
[PR]
# by marcial1219 | 2010-07-27 00:00

これこそ駄文。

以前は「詩」と言ってしまっても良い何かが自分の中にあったのだけれど、
最近は「詩です」と言えない何かがあって、
「散文」だの「駄文」だのと逃げていることは自覚している。

自分の言葉にどのくらいの裏づけがあるのかを自問している。
確かに「フィクション」として成立させていたいのは昔からそうなのだけれど、
自分が思考したリアルはあって・・・。

何か違うフィールドで迷っている感じ。



まあ、迷いながら書いていく。
今までと同じか(笑)
[PR]
# by marcial1219 | 2010-07-13 00:00

苦しくならない為に

私達は生きていく上で色々な物に縛られる。制約される。
だから、せめて自分自身を雁字搦めにしないように、私は自分をなるべく決めつけないようにしている。(ジョークとして言う事はあるにしても)
更に、これを言う事によって"自分を決めつけない"と決める事もしない、と付加しておく。
[PR]
# by marcial1219 | 2010-06-15 00:00 | 散文

≠ME

個体に呼び名が有ろうと無かろうと、個体はそこに存在するし、時空を歪ませるのだ。
単なるネームプレートに拘っても本質(又は問題)はそこには無い。
ラベルは必ずしも中身を表現するものではないし、また、表現しきれるものでもない。単なる記号なのだ。
私で言えば、「女」とか「marcial1219」とか「アラフォ」とか「レズビアン」とか「日本人」とか、こういったもの全てが記号なのだ。それらから想起するのは記号のイメージだけ。記号が既に持ってしまった印象でしかなく、いくらそれを連ねても「=私」(イコール私)にはならないのだ。
[PR]
# by marcial1219 | 2010-06-15 00:00 | 散文

not all

その時 発した言葉だけが 全てではないし

元より 言葉で全ては表せない
[PR]
# by marcial1219 | 2010-06-14 00:00 | 散文

Which are you?

黙している事のストレスと

発している事のストレスと


どちらが よりストレスフルなのか
[PR]
# by marcial1219 | 2010-06-14 00:00 | 散文



自由に放つ・・・
詩のような散文のような
思う事をその時の気分で都合よく切り取った言葉を連ねています。

基本的にフィクションです。


2010.3.11
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧